あっぷるてぃー
オリジナル4コマ漫画ブログ!

プロフィール

じゅうじどー なぎと

Author:じゅうじどー なぎと
誕生日:1月
血液型:O型
出身地:九州
ご趣味:パチスロ・音楽鑑賞・漫画描き

[重要]大事なお知らせ
現在、拍手&コメントは閉鎖させて貰っています。



FC2カウンター



お友達リンク集

☆お友達リンク☆

参加中!オリ漫画サイト

まんがアクセス

魔法少女ピンキー☆キュア制作委員会特設サイト

GOLDEN ACCESS

アクセス作家かたむしさんのサイト

あくてぃぶけー

アクセス作家腹黒さんのサイト

腹黒blog

アクセス作家きのさんのサイト

となりまち

サンタ漫画のキュキュさんサイト

サンタだキュ。

☆趣味・お勧めサイト・ゲームリンク☆

センスが神だよ!マサオさんサイト

少年のうた

ダイアキュート過ぎるぷよ氷絵さんサイト

どきめか

猫とじじいが煌く瞬くさんサイト

瞬くのお絵書きパラダイス

魅力溢れるcozyさんサイト

CozyManzi

コマーシャルが無料で簡単につくれます 簡単Flash動画作成サイト コマーシャライザー

柴田亜美公式サイト/かげろうの墓

かげろうの墓



リンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妖幻館 番外編1-雨ノ蜃気楼-

ザザー・・・パシャパシャパシャッ
ギィィィィィィィッ・・・ガタンッ!


激しい雨の降る中、アナタは雨宿りできる洋館を見つけそこに走りこみ、
思わずドアを開けて入り込んでしまった・・・
そこには一人がタオルを持って待ち構えていた人が目に入った。


「(営業スマイル)初めましてお待ちしておりました。私の名は漆黒と申します。○○様ですね?こちらへどうぞ。」

コツコツコツ・・・

「え?何故ここにアナタが来るのがわかったのかと?ふふ、そうですね・・・人間がこういう場合に使う言葉で『偶然』とよく申しますね。幸い降り始めで良かったですね、それでも少しは濡れたようですこのタオルをお使い下さい。」

案内された場所に上品なテーブルと椅子が置かれている。

「この時期の雨は体にさわります、暖かい飲み物でもどうぞ。」

カチャッ・・

寒い雨に冷えきった体に暖かい飲み物が染み込んでほっとする。

ザザー・・・

雨は相変らず止む気配もなし、余計に降り方が激しくなって当分止みそうにない。

「この雨だと移動は危険ですね・・・どうでしょう?幸いお部屋は数ございますし、今晩ココにお泊りになられてはどうですか?」

アナタは漆黒の好意に甘える事にして一晩泊まる事になった。
アナタは漆黒の案内で1つの部屋に入った。


「お風呂はここから出て右の突き当たりです・・・着替え、タオルなど必要な物はそちらへ揃えてありますので・・・それではごゆっくり・・・」

ギィィィィィッ バタンッ・・・

とりあえずアナタは濡れたままの格好では気持ち悪いので早速お風呂に入る事になった。
お風呂場は大浴場並に広い、ようやく湯船につかりほっとしていると・・・


・・・チャプン・・・

自分とは違う方向から水の音がする・・・

ザァーザァ

水が動きながらこっちの方向に近づくのがわかる。

「あら?他にもお客様がいらしたのね・・・」

一人の女性がアナタを見て言葉を発した。
アナタはしばらくその女性と会話をしたのち風呂から上がり、自分の部屋に戻って行く途中の廊下でまた人の影が見える・・・


「・・・今晩は・・・」

風呂場で見た女性とは又違う女性がアナタを見て挨拶をしてきた。
女性はニッコリと笑うとすれ違っていった・・・
旅の疲れかアナタはベッドにもぐりこむとすぐに眠りに落ちた・・・


・・・ボソボソボソ・・・

貴女の耳に人が囁く声が聞こえる・・・

・・・ボソボソボソボソ・・・

アナタはその声を遮断するように深く布団をかぶったが・・・

・・・ひそひそひそひそひそひそひそ・・・

声は先ほどよりはっきりと聞き取れた。
アナタは勇気をだしてそーと目をあけ確認しようとした瞬間・・・目を開けても暗い闇
・・・窓もあり多少の光が入るはずなのに・・・
1寸も見えぬ暗い闇。アナタは慌てて電気をつけようとしたその手に誰かが触れ反射的に
触れられた手に目をやると・・・

そこには・・・暗闇に浮かぶ





目



・・・緑の目玉が2つ・・・

パチンッ!

慌てて電気のスイッチを入れるとそこには・・・小さな女の子が一人いた。

「うわぁ!ビックリしたぁ!人がいたんだぁ!ボク部屋間違えたみたいだね・・・ごめんね、おねぇちゃん。」

ペコリと頭を下げると小さな女の子は部屋を出た。
アナタはよくやく安心して眠りにつき無事朝を迎えた・・・


「おはよう御座います、雨も止み移動できるようですね。」

朝ご飯の食事を並べながら漆黒は笑顔で言った。アナタは昨夜起こったことを漆黒に話した。

「え?昨日二人の女性と小さな女の子に会ったのですか?」

漆黒は首をひねってこう告げた。

「昨夜、お泊りのお客様は○○様しかおられませんけど・・・?」

アナタは慌ててその洋館を後にした。漆黒はそれを見送った。

「ふふ…ようやくお戻りになられたようですね。
本当のアナタ様は今、PCをしておられてマウスを握っていますから。」







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。